« Kさんの新しいブラジル人生 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 »

父の日

母の日と違って、父の日はどうしても付け加えの「おまけ」と云った行事であると思うのは僕のひがみだろうか? 8月13日(土曜日)夜、ヴィトリア日系協会主催の「父の日」が家族ぐるみで賑やかな雰囲気で行われた。

今年の父の日は「寿司とすき焼き」のメニューであったが、これが肌寒い夜だったので結構皆に人気があり、すき焼きを鍋から取るのに行列が出来るくらいであった。

僕は19歳の時に博多の家族から離れて、ブラジルにやって来たので親父の晩年を一緒に過ごせなく、病院生活だった親父の世話した事がない。世話してくれた兄貴達には何と言っていいか、ただ感謝の言葉しか出てこない。

今回、Kさんをサンパウロの「あけぼのホーム」に案内する旅で、もしも、Kさんが僕の親父だったらとサンパウロ空港のトイレで下の始末をしながら僕の親父と兄貴達を思い浮かべていた。

Dsc07623a

お母さんや子供達が準備してくれました。

Dsc07634a

父の日のために台所も改修されました。

Dsc07632a

お母さんも子供達も結構楽しんでいたみたい。

Dsc07625a

刺身と寿司。先ずは父親優先・・・・父の日だからね。

Dsc07628a

結構美味しかった!

Dsc07631a

結構 家庭的な雰囲気で・・・・・

|

« Kさんの新しいブラジル人生 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/41211487

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日:

« Kさんの新しいブラジル人生 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 »