« 故郷の庭 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 その2(敬老会) »

ヴィトリア (プライア・ド・カント編)

2月7日にヴィトリア(カンブリ海岸編)を「ヴィトリアの青空」に載せたところ、旧ヴィトリア滞在経験の皆さんに大変喜んで頂きました。そして、数人に次回はプライア・ド・カント地区の情報をというリクエストがありました。しかし、僕のブラジルの兄弟の急病、そして、急死といろいろな事が重なりました。その様な訳で続編を約束できないままでした。

今回の写真の紹介で旧ヴィトリア滞在経験者の皆さんに満足できる情報か分かりませんが、建設中のペトロブライス(石油公団)事務所、旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所や旧カザロン荘跡の変貌などを紹介します。

プライア・ド・カント地区はヴィトリア島の一部で旧中心街に比べると、新しい清潔感のあるモダンなマンションが建ち並ぶ新興地帯です。海岸側にはヨット・ハーバーからイーリャ・ド・フラージ島まで拡がるプライア・ド・カント区のビ-チがあります。このビーチには大きな公園が二つあり、バレーコート、サッカーコート、テニスコートやゲートボールのコート等の施設があります。これらの公園の名称は「恋人の公園」と「欲望の公園」と呼ばれ、「恋人の公園」で恋人を求め「欲望の公園」に場所を移し、恋人に愛を要求して欲望を果たすというユーモアーな公園を管理する行政の気配りがあります。果たして、若者達がこの様に実行しているかどうかは私は確認した事がありません。

この海岸から奥に突き進んでいくと高級住宅街があります。昔は一軒家が多かったが、需要と供給のバランスに伴い、家は崩されてモダンな高層マンション群に変貌してしまいました。「発展の喜びと歴史の崩壊」と云うなんだか訳の分からない、わびしい気持ちが私にはあります。

Google Mapsで上空を見たい方はこちら http://maps.google.com.br/maps?q=Praia+do+Canto,+Vit%C3%B3ria+-+Esp%C3%ADrito+Santo&hl=pt-BR&ie=UTF8&ll=-20.296122,-40.295534&spn=0.005404,0.0103&sll=-14.239424,-53.186502&sspn=44.64954,84.375&vpsrc=6&t=h&z=17

写真はダブルクリックすると拡大します。

Dsc05075b

クルバ・デ・ジュレマビーチよりプライア・ド・カントを望む。

Dsc05096a

イーリャ・ド・ボーイ島と第三大橋を望む。

Dsc05100a

イーリャ・ド・フラーデスからプライア・ド・カントを望む。

Dsc05106a 

イーリャ・ド・フラーデスからプライア・ド・カントを望む。

Dsc05105a

イーリャ・ド・フラーデスからプライア・ド・カントを望む。

Dsc05108a

イーリャ・ド・フラーデスからプライア・ド・カントを望む。右側はヨット・ハーバー。

Dsc05113ab

プライア・ド・アテーホ・ビーチ。ヨット・ハーバーを望むがこのビーチの水質はあまり良くない。

Dsc05079b

ビーチでシュラスコ(焼肉)を楽しむブラジル人家族。

Dsc05026ab

Av.Saturunino de Brito通りと  Av.Americo Buaiz通りの分岐点。

Dsc05029ab

Av.Saturnino de Brito通り。 

Dsc05031b

Av.Saturnino de Brito通り。セントロに向かう。

 

Dsc05109ab

イーリャ・ド・フラーデス島からAv.Saturnino de Brito通りに入る。

Dsc05117b

イーリャ・ド・フラーデス島からAv.Saturnino de Brito通りに入り右折。

Dsc05110ab

Av.Saturnino de Brito通り。

Dsc05164abc

Av.Saturnino de Brito通りの高層高級マンションから「恋人公園」の夜のフェイラを望む。左奥にはツバロン港。右奥はイーリャ・ド・フラーデス島の夜景。

このマンションにはある旧ヴィトリア駐在員が住んでいました。

Dsc05160ab

Av.Saturnino de Brito通りの高層高級マンションからコンベント・ダ・ペーニャ(ペーニャ修道院)を望む。

Dsc05118ab

牧野日本食品店があるビル。

Dsc05123ab

牧野日本食品店の周りのロータリー。

Dsc05127abc 

牧野日本食品店前のロータリー。この奥が旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所があった。

Dsc05130abc

左の赤い建物が旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所。

Dsc_1159

左の赤い建物が旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所で奥の緑の建物がペトロブライス(石油公団)の事務所。

Dsc05131ab

Dsc05141ab

旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所の奥のペトロブライス(石油公団)からの写真。

右側の赤い建物が旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所。

Dsc_1146

旧カザロン荘に向かう坂道。

Dsc_1147

この坂を上がって右折するとカザロン荘があった。この辺りは高層マンション建設ラッシュ。

Dsc_1149

坂道を右折して左側奥に旧カザロン荘があったが、今はこの通り高級マンションに変貌。旧カザロン荘跡の高級マンション建設中。

Dsc_1150

左側の旧カザロン荘から奥の方を望む。

Dsc_1151

右側に旧カザロン荘跡のマンション。周りはマンション建設ラッシュ。

Dsc_1154

旧カザロン荘の前側のマンション。

Dsc_1178

Av.Nossa Senhora de Aparecida通り。左側はペトロブライス(石油公団)建設現場。

Dsc_1165

ペトロブライス(石油公団)建設現場。ヘリポートも所有。この裏が旧川崎製鉄所ヴィトリア事務所になる。そして、カザロン荘もこの奥にあった。

Dsc05020b

左側にセントラ・ダ・プライアショッピング。奥にペーニャ修道院が見える。この通りは別名Reta da Penha通り。

Dsc05022a

セントラ・ダ・プライアショッピング。

Dsc05143ab

プライア・ド・カントのバチスタ教会。駐在員や日本人学校の先生家族が多く住んでいたマンション Porto Belloも見える。

Dsc05146ab   

Porto Belloマンション からの通り。

Dsc05148ab

Porto Bello マンションの前。

|

« 故郷の庭 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 その2(敬老会) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

高崎先生ありがとうございます。
やっぱり昔に比べて相当建物が建て込んでいますね。懐かしいです。
googleのストリートビューブラジル版があると便利なんですがなかなか導入されませんね^_^;

福岡市西部も筑肥線が電化された後すっかり都会近郊の雰囲気らしいですよ。福岡はストリートビューとかyoutubeでもみられますね。

投稿: ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部 | 2011年9月18日 (日) 02時48分

ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部さん

googleのストリートビューブラジル版はサンパウロでは導入されつつあると聞いていますがまだまだですね。

ストリートビューで日本の地方に住んでいる45年前の移住研修生を数人探したことがあります。

ストリートビューで僕の実家の前通りには入る事が出来ませんでしたが、近所を歩き回り、懐かしかったです。

投稿: ヴィトリア高崎 | 2011年9月18日 (日) 19時50分

ビトリア日系協会が東日本大震災支援のために行ったセーハ・クルーベの写真を眺め、当時を大変懐かしく思い出しました。
それ以来、高崎さんのホームぺージを見る機会が増えてきました。 最近掲載されたプライ・ド・カントの特集写真は、この地区のビックリするような発展する姿に、驚きと懐かしさが重ねあって大いに感激しました。 中でも旧川崎製鉄事務所の姿が赤く塗り変えられ、その向こうに近代的巨大ビルが立ち並んでいる写真には驚きとともに少し寂し気持にもなりました。 事務所の前にフランボワイアンの大きな樹が残っていて何かほっとしました。
以前この地で仕事をしたり、日本人学校へ通ったりした者達のために高崎さんがわざわざ写真を撮って編集して下さいました。
このホームページを多くの関係OB連中に紹介したいと思います。そして、ビトリアの思い出を懐かしく思いながら、お互いの心の絆をこれからも大切に抱き続けたいと願っています。
高崎さんのお心遣いに深く感謝いたします。

投稿: 千葉市 杉野 廣  | 2011年9月27日 (火) 06時04分

杉野 様

コメントありがとうございます。
個人的にプライア・ド・カント編を送りたいと思っていました。皆さんに喜んでいただけるのは本当にありがたいです。しかし、当時の川崎製鉄のヴィトリアにおける遺産(?)が少しずつ消えていく姿がなんだか寂しい気持ちでいるのは杉野さん同様、私も同じです。旧川崎ヴィトリア事務所が色こそ変わりましたが、周りの現代的な移り変わりの中、頑張って居座っている姿が非常に泣けます。周りには気にしないで、もっともっと末永く頑張って欲しいと思います。
ツバロン製鉄の前社長、アルマンドさんの言葉にあった様に、「私達は川崎製鉄の皆さんと一緒に仕事をして、日本国、日本人という国民性のいろいろな事を学びました。」とおっしゃっているように、ヴィトリアの者にとって、川崎製鉄は私達の心には永遠に残り続ける事でしょう。
次回はイーリャ・ド・ボーイ、イーリャ・ド・フラーデとプライア・ド・スア編を考えています。

投稿: ヴィトリア高崎 | 2011年9月28日 (水) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/41775397

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィトリア (プライア・ド・カント編):

« 故郷の庭 | トップページ | 高齢化のヴィトリア日系社会 その2(敬老会) »