« サンパウロ その1 | トップページ | サンパウロ その3 »

サンパウロ その2

 

 

サンパウロの地下鉄

サンパウロの地上の交通事情は最悪だ。あまりにも車が多くて、ホジージオ(Rodizio)と呼ばれる規則がある。ホジージオとは、ナンバープレートの下一桁の数字によって、ラッシュアワーに運転できない曜日が決まっている。だから、自分の車で好きな日に、自由に出かけることが出来ないという規則で車の制限をしている。その点、地下鉄は通路の進行を妨げる物はなし、時間通りに目的地に着くことが出来るという大都会においてはとても便利な交通機関である。

 

リベルダーデ街の便利で安ホテルに宿泊した僕は、例のごとく、街の様子の観察を兼ねて散歩に出かけた。そして、リベルダーデ地下鉄駅に向かった。もう、そこには人の動きがあり、一日のスタートを切っている人々がいた。地下鉄チケットを買い、改札口を通過して、エスカレーターで下りホームで1分くらい待ったら列車が来たのでその列車に飛び乗った。

 

列車が次の駅に着きドアーが開き、乗って来た数人の人の中にある年配の日本人がいた。すると、「あら!珍しいねー!00さん!どこに行っとるん?」「うん!娘の家でも行こうと思ってる。」「こんな早い時間で何するの?」「家にいても何もする事なかもん!」と言う様な九州弁の暖かい会話が耳に入った。ちょっと待てよ!ここはブラジルのサンパウロなのに・・・・・と思いながらその年寄りの日本人の会話に聞き耳を立てていたマナーの悪い僕がいた。日本人が少ないヴィトリアではこんな風景に出くわす事が無いから、一瞬、ここは何処なんだろ?と錯覚してしまった。

 

 

 

Dsc08331a

サンパウロ地下鉄網

Dsc08337a

リベルダーデ地下鉄駅前

Dsc08320a

地下鉄チケット売り場

Dsc08322a

リベルダーデ地下鉄改札口

Dsc08326a

Dsc08327a_2

地下鉄列車

Dsc08336a_2

地下鉄車内の様子

Dsc08329a_2
居眠りを装う乗客は日本もブラジルも同じです。

Dsc08333a

みんな何を考えているのだろう。

Dsc08334a_2

地下鉄の交差点。早朝なのでガラーンとしていた。

 

 

 

|

« サンパウロ その1 | トップページ | サンパウロ その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サンパウロは都会ですよね。インフラ整備はまだまだでしょうか。

ボベスパはそろそろ反転上昇する感じがします。ブラジルは長期的な経済成長に加えてインフレもありそうなので買って長期間おいておく伝統的な戦略でも十分いけそうな気がします。

投稿: ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部 | 2011年12月 3日 (土) 15時26分

ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部 さん

コメントありがとうございます。
最近のブラジルの新聞で「ブラジル国は借金をちゃんと返す国のランキング上位に成った。」と載っていました。数年前には考えられなかった事です。そして、昨夜のTVでの大蔵大臣は「国民はもっとどんどん消費をしなさい!」とハッパをかけていました。どうなっているんでしょう?

ヴィトリア、高崎バッテン

投稿: 高崎ヴィトリア | 2011年12月 3日 (土) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/43242073

この記事へのトラックバック一覧です: サンパウロ その2:

« サンパウロ その1 | トップページ | サンパウロ その3 »