« 間に合ったTさんとの再会 | トップページ | 雪と桜の日本 »

飛べなくなった旧友

友とは良いもんだ! 長い、長~いトンネルの中を遠く、遠~く逆戻りして、18歳にタイムスリップした出来事である。

約44年前、僕がブラジルに移住すると云うことで、高校の友達が記念として、渡してくれたある額に納められた1枚の写真のことである。この写真とは高校卒業式の晩、酒屋の息子であるY君の家の二階で、初めて呑む酒盛りでドンちゃん騒ぎした(Y君のご両親には今でも申し訳ないと反省しています。)その翌朝、近くのお寺の境内で、我々、それぞれの将来への夢に向かって飛び出した門出の写真である。なんとも、これから先の茨の道を知らない、あどけさを持ち合わせたみんなの表情をそのまま表せた1枚の写真である。これは僕の宝物でもある。

時はずーっとず~と経て、18歳の少年は還暦を過ぎて、63歳になってしまった。今回の訪日で44年ぶりに、その写真に登場している昔の仲間が集まり、その宴会では秘められた昔のエピソードや楽しかった思い出話に花が咲きタイムスリップ!。

その宴会場を去るときに、誰からともなく、「もう一度、44年前の写真を再現して、飛ぼうや!」と云うことになったものの、足が地面から離れることが出来なくなってしまった。所謂、飛び上がることは肉体的に難しくなったと言うことである。

でも、登場人物のI君からのメールである様に 

楽しいひとときを有り難う。お陰でまた若返った気がしています。 肉体的に飛べなくなっても精神はぶっ飛びました。みんなの笑顔も最高です。 きっと、またブラジルで飛びましょう!

本当に今度は全員でブラジルのヴィトリアで飛ぼうよ!みんないつまでも元気でな!

写真はクリックで拡大!

Dsc_0799

高校卒業式の翌日、将来に向かって飛んだ!

Dsc_0797

この写真はいつも僕の傍にあった。 宝物だ!

Dsc08272a

この様に僕の仕事場にいつも置かれていた。

Dsc00742a_2

44年後の現在は 手はあがるものの足は駄目!

Y君曰く 「オイ!Kよ! 何じゃそりゃ!手だけ挙げて、全然、飛んどらんが!」

Dsc00743a_2

このみんなの笑顔、これも僕の宝物だ!後ろの中央のH君が44年前の僕の宝物を撮ってくれた。

Dsc00744a_2

別れの改札口で もう一度、チャレンジしたけれども、ご覧の様に足が地面から離れない!

彼らの言い訳は、デジカメのシャッタータイムに合わないんだ!

 

 

 

|

« 間に合ったTさんとの再会 | トップページ | 雪と桜の日本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/45070155

この記事へのトラックバック一覧です: 飛べなくなった旧友:

« 間に合ったTさんとの再会 | トップページ | 雪と桜の日本 »