« イグアッペの先輩 | トップページ | ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 »

Kさんのその後

Kさんの新しいブラジル人生(2011年8月13日記載 http://vitoria.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-4ae7.html )しているKさんをサンパウロ援護協会(ENKYO)傘下のあけぼの荘を訪ねた。

Kさんを訪ねるのは昨年の暮れ以来、約6ヶ月ぶりである。実は3週間前に「Kさんはサンパウロ日伯友好病院に入院している。その件で相談したい!」という連絡があけぼの荘の職員からあった。イグアッペの先輩を訪ねた後日、サンパウロ郊外のあけぼの荘に足を運んだ。

前日、退院したというKさんは思ったよりも元気であった。「病院ではみんなから良くしてもらった。」という事で病院生活もまんざらでなさそうであった。しかし、職員から説明があった病名はそんな甘いものでなかった。昔、喫煙していた理由からか、病名はなんと「肺がん」という事であった。これから放射線治療と化学治療に入るとの事である。

Kさんは36歳で単身農業移住して以来、各地を転々として、不運にも3年前に脳卒中で倒れ、車椅子生活を余儀なくした生活をしている。おまけに、77歳にしてまだと云うか、ずっと独身のままだ。

僕は同じ移住者として、Kさんが置かれている現状を見捨てることが出来ないお節介焼の僕の血が騒ぎ始めるのだ。周りの人の忠告に耳を傾ける事が出来ない僕が居るのだ。

多分、ここでも数多くの批判を受けるのは間違いないことだが、僕はあえて、Kさんの個人情報を発表しようと思う。ブラジルには残念ながら家族がないけれど、日本には弟さんと妹さんの血を分けた兄弟が居る事が分かっている。しかし、幾十年もお互いの連絡はなく、又、連絡先を示した書類もなく、Kさんには連絡先の記憶もない現状である。彼の記憶では弟さんは川崎市に、妹さんは北海道北広島市に家族を持つと云うことだ。僕もいろいろと消息を探してみたが未だに解決しないままである。

Kさんとは北海道出身の板垣賢次さんのことだ。この様に実名を出す事により批判を受ける事は間違いないと思うが、あえて、この様に実名をこのブログで記載する事で、どこかの誰か板垣賢次さんの知人が現れないかと期待するのである。

板垣さんの今後の移住人生はブラジルの日系コロニアの団体であるサンパウロ援護協会がお世話してくれ、清潔で立派な施設「あけぼの荘」でブラジル移住人生を過ごされるのである。日本の身内の方にはお迷惑をかけることはない。ただ、日本の身内の方に板垣賢次さんの近況を知らせたいという僕のお節介焼そのものである。

Dsc07592a
あけぼの荘の外観。

Dsc01090a

清潔で大きな部屋。

Dsc07597a_2
ナースセンターにて。

Dsc01082a

介護係りの女性と一緒。

Dsc07613a
食堂にて。

Dsc07601a
多目的センターにて。

Dsc07530a

日本間。ゆっくりできる。

Dsc07537a

ここではNHK衛星放送が見える。

Dsc07553a_2

洗濯物は入居者の衣類がきちんと整理されている。

|

« イグアッペの先輩 | トップページ | ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが高崎先生無事の旅行終了お疲れ様です。

板垣さんの日本での本籍など戸籍がわかればある程度の追跡調査はできると思います。。

投稿: ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部 | 2012年6月13日 (水) 05時02分

ヴィトリア日本人学校同窓会名古屋支部さん

名古屋でお会い出来て楽しい時間ありがとうございました。
板垣賢治さんの件、ありがとうございます。
メールでお知らせしますので宜しくお願いします。助かります。日本のご家族にはご迷惑かける事はありませんので宜しくお願いします。

ヴィトリア、高崎精介

投稿: ヴィトリア高崎 | 2012年6月13日 (水) 07時36分

高崎先生、いつも心温まる記事をありがとうございます。あけぼの荘と板垣さんの写真を拝見して自分たちの親とこれからの自分たちの姿を想像してしまいました。ごきょうだいに連絡が取れるといいですね。
 また、日系の方々は介護施設を運営し、シニアのJICAボランティアもそこで働いていらっしゃるのですね。
 沙帆も7月2日にブラジルに出発することになりました。これからブラジルとのお付き合いが始まります。よろしくお願いします。

 P.S.裕子ちゃん、お元気そうですね。
 沙帆はベレンの近くの町の日本語学校に2年間行くことになりました。いつかお会いしたいですね。お父さん、お母さんによろしくお伝えください。

投稿: 加藤えり子 | 2012年6月21日 (木) 05時54分

加藤えり子 さん

コメントありがとうございます。そして、綾町ではご主人、加藤先生とも再会できてありがとうございました。
さて、沙帆さんにはこちらで会えると思います。大変ですがやりがいがある派遣で、地元の皆さんも首を長くして待ってあると思います。

ヴィトリア日本語学校からエルデル君(ufes大学生)が日本語サミットin宮崎で7月19日に宮崎で発表します。詳しくは奥先生に連絡していただければ分かると思います。

投稿: ヴィトリア | 2012年6月21日 (木) 07時44分

 お返事ありがとうございました。
 宮崎にいて先生ご家族にお会いできたのは奥先生のおかげです。今回も奥先生に伺って、エルドル君の会いに行きたいと思います。 日本語サミットがあるなんて知りませんでした。グローバルな催しがあるのですね…

投稿: 加藤えり子 | 2012年7月 1日 (日) 00時44分

加藤えり子さん

エルデル君の件は奥先生に良く聞いて下されればいいと思います。今日はの夕方、彼はヴィトリア空港を発ちました。35日間の日本滞在中に東京、大分、宮崎で日本語サミットが開催されます。

ヴィトリア、高崎精介

投稿: ヴィトリア高崎 | 2012年7月 1日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/45607192

この記事へのトラックバック一覧です: Kさんのその後:

« イグアッペの先輩 | トップページ | ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 »