« 大盛況! ヴィトリアの「日本食文化祭り」 | トップページ | イグアッペの先輩 »

ヴィトリアの桜 2012年度手入れ

サンパウロよりブラジルの桜の博士と呼ばれている沖 眞一さん(東京農大卒 ブラジル東京農大OB会長)を毎年迎えて、6月1日、2日(金、土)にペドラ・アズールの桜の手入れを行っている。

このペドラ・アズールの桜はブラジル日本人移民100周年を記念して桜の森を植樹したものである。ブラジルの兄弟 熊沢 薫君が亡くなってからは「ペドラ・アズール桜の森。熊沢薫」と命名されている。

桜の森は順調に生育して、あと1週間ぐらいで咲き出す木もあると沖さんは予測した。しかし、大部分の桜の木は7月上旬であろうという事である。ヴィトリアの桜見ツアーは7月中旬に計画されており、変更の必要があると思われる。

土曜日のセーハの「ゴルフ場」と「玉ねぎ石公園」の桜の手入れは行われたが、僕はサンパウロに行ったために残念ながら同行できなかった。

Dsc01008a

後方にペドラ・アズールを望む。左より大内八郎会長、沖眞一さん、藤原義正さん、高崎

Dsc01012a

さー!やるぞ!- 

Dsc01016a_2

Dsc01013a_2

Dsc01014a

沖さんと大内会長の仕事ぶり。

Dsc01015a
藤原さんの仕事ぶり。



|

« 大盛況! ヴィトリアの「日本食文化祭り」 | トップページ | イグアッペの先輩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/45504307

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィトリアの桜 2012年度手入れ:

« 大盛況! ヴィトリアの「日本食文化祭り」 | トップページ | イグアッペの先輩 »