« ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 | トップページ | ヴィトリアの桜 2012年度 »

グアラパリの風評

前回の「ヴィトリアの空を飛んだ歯科医」の写真で説明しているように、グアラパリは福島第一原発よりも放射線が高いという風評が日本の中にある。今回の訪日であらゆるところでグアラパリの放射線に付いて聞かれた。グアラパリから約50Kmの距離のヴィトリアに住んでいる僕にとって意外な話であった。

20年ほど前にヴィトリア日本人学校で使用されていた文部省発行の社会科教科書ページに世界の高自然放射線地域としてブラジルのグアラパリの名前が載っていた事を読んだことがある。グアラパリ海岸の砂浜の一部の黒砂が高放射線を含んでいると云うことだ。

この黒い砂が腰痛やリウマチに効くとの評判から療養地として有名である。しかも、有名な観光地でもあり、僕は日本からのお客さんを案内するコースでもある。この黒砂の放射線が血行に影響するとあって、その効能は古くから知られ、浜に座るだけでも効くとされるが、より効果を高めようとこの黒砂に埋まる人もいるそうだ。僕も黒砂を持ち帰り、丁寧に乾燥させて、枕として数ヶ月ベッドを共にした事がある。そのためだろうか、「最近、あんた!頭がおかしくなったんじゃない!」と妻にしきりに言われている。

グアラパリの歴史は500年以上もあり、癌の発生率が多いという事も聞いたことが無い。むしろ、癌発生率が少ないという事を聞いたことがある。福島第一原発事故以来、何よりも、日本国内では「福島よりも放射線が多いグアラパリ」が有名で、肝心のグアラパリやヴィトリアの住民がその風評さえ知らない事が不思議でもある。

Dsc01147a

グアラパリの上空。

Img_4482a

グアラパリの夏の海水浴シーズン中。

Img_4477a

これが例の黒砂です。

Img_0825a

Img_0828a_3

黒砂と普通の砂の断層。

Img_4474a
普通の砂と黒砂の比重さが違うのがハッキリ分かる。

|

« ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 | トップページ | ヴィトリアの桜 2012年度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高崎様
広島にてお泊り下さったホテルの三反田(サンタンダ)です。覚えていらっしゃいますでしょうか?その節は色々とお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。
その後、何度かこのブログを拝見しておりますが、今日「Kさんのその後」を読んで、他人事とも思えず、思い余ってここに書き込ませて戴いた次第です。
お話したと思いますが、私の伯父(父の兄)も戦前にブラジルに渡り、ず~と消息がわからず、何で分かったかはよく覚えていませんが、40年ぶりに一時帰国。1ヶ月ほど広島の我が家で過ごしたことがあります。(37年も前の事ですが・・)伯父も渡伯当時はかなり苦労もしたようですが、幸いサンパウロに仕事も家族もあり、幸せに暮らしていた様子でした。
今は父も伯父も亡くなっていますから、サンパウロにいるはずの「いとこ」との交流は残念ながらありませんが、私の中では、いつか彼らに会ってみたいという夢はあります。
「Kさん」のお身内が何とか見つかればいいですね。
当時、父と伯父の40年ぶりの再会はそばで見ていて本当に感動的でした。今でも忘れられません。
初めてのメールですのに、長くなりました。お礼のメールをと思って書き込みましたのに、こんな話になってしまい、申し訳ありません。これからも時々「ヴィトリアの青空」を覗かせてもらって、そちらの風景や出来事を楽しませて戴きますね。
こちら日本は梅雨の終わりも近く、最後のあがきか、大分や熊本では豪雨でかなり被害も出ています。
そちらの天候はいかがですか?

また、いつかお会いできるといいですね。
1948年生まれ、同級生の三反田より

投稿: 三反田正信(広島市) | 2012年7月12日 (木) 13時16分

三反田 さん

コメントありがとうございます。
良く覚えていますよー! ホテルではありがとうございました。三反田さんがお話に成りました叔父さんの事は同じ移住者なので良く理解が出来ます。現在は日本とブラジル、いや、全世界がとても近くなりました。僕が移住して来た44年前は日本に帰れると云う事は夢の夢でした。ですから、日本を発つ時には、一生会えないだろうと云う事で涙の別れでした。ですから、叔父さんの時代はもっともっと大変だったろうと思います。一時帰国されただけでも凄い事だったでしょうね。
もし、良かったら、サンパウロの叔父さんの家族の消息をお手伝いしてもいいですよ!。
サンパウロの広島県人会に問い合わせる事が出来ます。
詳しくは私の個人メールアドレスに出して下さい。メールアドレスはプロフィールに記載しております。
1048年生まれ、同級生ーーーーーとはとても嬉しく、身近に感じました。ありがとうございます。  ヴィトリア、高崎精介

投稿: ヴィトリア | 2012年7月13日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/46202690

この記事へのトラックバック一覧です: グアラパリの風評:

« ヴィトリアの空を飛んだ歯科医 | トップページ | ヴィトリアの桜 2012年度 »