« ヴィトリアのオリンピック選手 | トップページ | ヴィトリア・カンブリ海岸のビーチバレー »

ブラジルの兄貴とペドラ・アズール

もう2週間前の土曜日の事である。ブラジルの兄貴こと鈴木照巳さん(海外移住研修生8期生)と一緒にブラジルの兄弟、熊沢薫君が生前、頑張っていたペドラ・アズールとヴェンダ・ノーバ地方に行って来た。我々は海外移住研修所の同期生である。

鈴木照巳さんと熊沢薫君は1967年のアルゼンチナ丸同船者でもある。移住後、自分達の人生を築くために自分の生活が精一杯でお互いに消息が遠ざかっていた。熊沢君が闘病で入院中にお見舞いを兼ねてお互いの再会を準備していたのだが、残念ながらそれが果たせなかった。熊さんのあまりにも早い天国逝きにその再会は幻と成ってしまった。

熊さんが第二の故郷として活躍していたペドラ・アズールやヴェンダ・ノーバを辿ってみて、ブラジルの兄貴はどの様に感じていたんだろう・・・・・・・・・・

Dsc00277a

ペドラ・アズール入口のレストランにて。

Dsc00280a

ペドラ・アズールを背景に鈴木照巳さん。

Dsc00286a

ペドラ・アズールの桜の森&イッペーの森(熊沢 薫の桜の森)の記念プレートの前の鈴木さん。

Dsc00291a

彼方をジーット見つめ熊さんを偲んでいるのだろうか。ブラジルの兄貴は・・・・・・

Dsc00298a_2
ブラジルの兄貴と弟。

Dsc00320a

熊さんが建設した旧青木建設リゾートホテル「モンテ・ヴェルデ」の前で。

Dsc00330a

「熊沢薫の橋」と記念された橋の前のブラジルの兄貴。

Dsc00302a

熊さんが最後に手がけたレストランの前で。

Dsc00301a_2

大きな岩山、ペドラ・アズールを背景のブラジルの兄貴と弟。これからは熊さんの分までブラジル人生を楽しもう!と誓ったふたり。

|

« ヴィトリアのオリンピック選手 | トップページ | ヴィトリア・カンブリ海岸のビーチバレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/46749592

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルの兄貴とペドラ・アズール:

« ヴィトリアのオリンピック選手 | トップページ | ヴィトリア・カンブリ海岸のビーチバレー »