« 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 14日目 ウシュアイアの青空 その2 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 16日目 »

世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 15日目

今朝8時30分、 港に集合してビーグル海峡 又は水道と呼ばれているクルーズ観光に出かけた。費用は475ペソ・アルゼンチンであった。ドルに換算すると約100ドルくらいである。ビーグル水道・Beagle Channalとはウィキペヂィアで調べたところ, マゼラン海峡があるフェゴ島と、その南側に位置するナバリノ島、オステ島を隔てる全長240Kmの海峡。チャールズ・ダーウィンが1831年から1836年にかけて行ったビーグル号による世界一周後悔 いや間違えた、世界一周航海でダーウィンはけっして後悔はしていないと思う。この世界一周航海の際の経路であり、同水道の名前の由来は同船の名前を付けたものであるそうだ。ちなみに、ダーウィンは81年前のちょうど同じ頃の12月27日に世界一周航海に出航したそうである。

僕の長男の名前はチャールズと云うのだが、その名前の由来はこの自然科学者チャールズ・ダーウィンでなく、イギリスの皇太子チャールズなのだが、今日から長男の名前の由来はこの偉大な自然科学者チャールズ・ダーウィンに勝手に変更する事にした。一時は、そう云えば、チャールズ・ブロンソンを息子の名前の由来に変更した事があるな。・・・・・

注・・・現在、南半球、つまり、南アメリカは真夏の季節で、ヴィトリアの友達からの連絡によると、ヴィトリアでは40度近くの猛暑だそうである。

Dsc_0193a

ビーグル・クルーズ観光に出かける。背景に雪が積もっている山々。季節は真夏である。

Dsc_0200a

海からのウシュアイアの風景。残念ながらこの日は曇りでウシュアイアの青空でなかった。

Dsc03083a

一緒だったドイツ人観光客。それにしても背丈が違うね。

Dsc03089a

指を差してる街がチリー領Pueruto Williams ウイリアンス港。アルゼンチンのウシュアイアが世界最南端の街とされているが、本当はこのチリー側のウィリアンス港の街が世界最南端の街である。

Dsc_0205a_2

このビーグル海峡に位置する島々にはアザラシやペンギンたちが生息している。

Dsc_0209a_2

Dsc03093a_2

Dsc03099a_2

Dsc03103a_2

世界でも有名な海洋学・哺乳類研究所。

Dsc03109a_3

Dsc03102a_3

ここにアメリカ人生物学者だった女性の家族が住んでいた。現在はの子孫4代目あたりが住んでいると云うことだった。

Dsc03078a

明日はこのコースでウシュアイアをあとにする。でも、約970Kmの距離なので途中、Punta Arenasに泊まる予定。

|

« 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 14日目 ウシュアイアの青空 その2 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 16日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/48528124

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 15日目 :

« 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 14日目 ウシュアイアの青空 その2 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 16日目 »