« 世界の果てパタゴニア車冒険旅行 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 3,4日目 »

世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 1,2

昨日、15日に出発して、2日目はパラナ州カストロ市に無事到着。

昨日はリオ州ポルト・レアル市の藤野氏宅に泊まり、深夜まで思い出話や将来の夢等に話が弾んだ。このポルト・レアルは僕が独身農業時代にブラジル移住人生に戦ったところで藤野さんの家族には非常に助けられた。現在は息子さん夫婦がお父さんお母さんが亡くなられたあとを引き継がれ農業に活躍されている。ブラジルに両親がいなかった僕の結婚の親代わりであり、現在の僕があるのもこの方達のお蔭だと思う。そして、僕らの結婚の仲人別役さん宅にもご挨拶した。92歳の奥さんは元気であった。

2日目の今日はサンパウロを通過して、パラナ州に入りカストロ市にやって来た。このカストロは日本人移住史にとても有名なところである。バタテイローーーじゃがいも栽培で有名なところであり、大規模な日本人農業移住者達が胸を張り、景気が良かった時代があった。現在は数家族の日系人が残って穀類栽培をやっているのみである。

明日の朝、街の様子を見てみようと思っている。

今のところ旅行は順調である。

Mapaamericasul_12

Dsc02498a

別れを察してかなかなか離れようとしない愛犬ポチ。

Dsc02500a

別れにはすねて姿を現せなかった。今頃は寂しい思いしていることだろう。

Dsc02505a

パラナ州の大豆は畑。

Dsc02513a_2

途中で雨にあう。

Dsc02515a  

4台の車が事故に巻き込まれていた。

Dsc02516a_2


 









|

« 世界の果てパタゴニア車冒険旅行 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 3,4日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高崎先生、お元気ですか。昔、留学(遊学)時代にお世話になった滝沢(今は木村)千恵です。磯崎さん経由でこのブログ、知りました。 実は、22日からVitoriaに行く予定なので、ぜひ先生におあいしたいと連絡先をさがしていたら、こういうことになりました。先生、今頃、ハイウェイをまっしぐらですね。ほんとうにお懐かしく、来年の8月の帰国まで、なんとかおあいできるようにまたVitoriaにまいります。
 どうぞ、旅のあいだ、健康に留意し、楽しんできてくださいね。奥様にもくれぐれもよろしくお伝えください。

投稿: 木村(滝沢)千恵 | 2012年12月17日 (月) 20時45分

地図にルートが記してあるのはいいですねぇ。
私も一緒に旅をしている気分になります。
Boa Viagem!!! carcarcar

投稿: Nagaishi | 2012年12月18日 (火) 03時44分

永石さん

僕も永石ご夫妻がアラスカからウシュアイアまで約4年間の南北アメリカふたり旅記を楽しみに見ていました。今回は僕の番ですが永石ご夫妻みたいに文章力がないので楽しめるかどうかです。頑張ります!

木村さん

コメントありがとうございます。今回、ヴィトリアでお会いできないのは残念です。現在、イグアスノ滝のアルゼンチン側のプエルト・イグアスの町に宿泊しています。明日はフェデラションの温泉地で疲れを取りたいと思っています。
では、来年の帰国までに是非、ヴィトリアでお会いしたいと思います。


ヴィトリア<プエルト・イグアス>高崎精介、

投稿: ヴィトリア高崎 | 2012年12月18日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/48353353

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 1,2:

« 世界の果てパタゴニア車冒険旅行 | トップページ | 世界の果て、パタゴニア車冒険旅行 3,4日目 »