« サンパウロ州に戻ってきた。 | トップページ | 複雑な気持ちで野球TV観戦 »

無事、ヴィトリアに到着。

今日(1月25日)金曜日の16時30分に無事、ヴィトリアに着いた。総走行数約17200Kmで予定の43日間よりも1日早く帰って来たのは僕も妻もポチに早く会いたいためであった。我家に帰る前に、このパタゴニア冒険旅行をアドバイスしてくれたLuiz Ramalhoさんご夫婦さんに帰国報告をした。彼らは非常に喜んでくれ、来週の土曜日に写真を紹介する約束をした。

家に着き、ガレージのドアを開けると、ポチは僕らの車の到着にしっぽを振っていたが、さほど喜んでいる風でもなかった。車から降りて、「ポチー!」と叫んだら、血相を変えて飛んできた。息子達に言わせると「毎日、毎日、さびしそうにしていた。」らしく、上野公園のハチ公の物語とダブっていたようだ。僕らの帰りを寂しくこの40日間同じ場所で待っていたのだろう。妻のまゆみと僕に「ひー!ひー!」と泣き声を叫びながら激突、何度も飛び跳ねながら僕らの体に自分の顔をこすり付けてくるかと思うと僕らの腕を柔らかく噛みながら何度も何度も飛び跳ねてくる。もし、僕らが戻って来なかったら、ハチ公と同じ様に成っていただろうと思うと、改めて、無事帰って来ることが出来た事にとても感謝している。

妻も「パタゴニアの世界の最南端まで自動車で行って来た事が嘘みたい!」と言っている様に、僕はこの「冒険旅行」をいろいろな面から振り返っている。そして、写真の整理が始まっている。

Dsc05150a_2

Dsc05151a_2

Dsc05152a

Dsc05155a

|

« サンパウロ州に戻ってきた。 | トップページ | 複雑な気持ちで野球TV観戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。お疲れ様でした。
無事に帰宅できたことが何よりです。
さぞかしポチもうれしかったでしょうdog

投稿: Nagaishi | 2013年1月26日 (土) 01時35分

おかえりなさい 無事でよかった       うらやましいです すごいです 
 うれしいです

投稿: yamamotoyosizi | 2013年1月26日 (土) 09時31分

Nagaishi さん

ほんと、ポチは気が狂ったみたいに飛び跳ね、僕らに体当たりして喜んでいました。人間と違うのはそのあたりですかね。息子達は内心では喜んでいる筈なのに、ポチみたいに態度で表せませんでした。

山本先生

今度、ブラジルに来てください。一緒にこの様な旅をしましょう!。

ヴィトリア高崎

投稿: ヴィトリア高崎 | 2013年1月26日 (土) 13時12分

お帰りなさい。ご無事で何よりでした。ブログずっと拝見してました。お疲れのことだと思います、奥様とゆっくりお体を休めてください。

投稿: 斉藤依子 | 2013年1月29日 (火) 07時34分

斎藤さん

ありがとうございます。月曜日から仕事に入って居ます。
写真を見ながら今回の旅行を振り返っていますが、良くもあんなに遠く迄運転して行ったものだと自分で感心しています。写真や思い出話をまとめていますので旅行は続いています。

投稿: ヴィトリア高崎 | 2013年1月29日 (火) 11時58分

パタゴニア旅行お疲れさまでした。道中いろいろあって楽しまれたでしょう。
 私も昔パタゴニアに2回行きました。1回目はウニベルのツアーで、ウシュアイア、モレノ氷河プンタトンボ等でした。2回目は、イースター島、チリパタゴニア、クスコ、マチュピチュ、イキートスへ行きました。
 チリパタゴニアで忘れられないことは、私たちが、車から出て野生のグアナコを見ているとき、巨大なトレーラーがぶつかろうとしたのです。とっさに全員飛び乗って逃げて無事でした。今考えても夢のような話です。
 私は、退職と同時にキャンピングカーを買って、毎年春と夏日本中を旅行しています。3月は四国を廻ろうと計画中です。
 今、ヴィトリアはブラジルで一番活気のあるまちではないでしょうか。海底油田の関係や製鉄所、ヒオドーセなど大きな企業があって、ブラジル中から人が集まっているのでは。
 ブラジルも昔と違って高度成長しているのでしょう。この世紀をブラジルの世紀という言い方もあります。日本は中国から撤退してミャンマーやタイなどへシフトしようとしているようです。
 これから、中国との関係がどうなるのか、いつも注意しています。

投稿: 東 誠 | 2013年3月 4日 (月) 13時44分

東 先生

コメントありがとうございます。
パタゴニアではヨーロッパ人がキャンピングカーをサンチャゴでレンタルしてパタゴニアを冒険旅行する夫婦を沢山みました。キャンプ場でのんびりしているヨーロッパ人と話すチャンスがあり、僕はとても羨ましく思いました。
そんな旅行を実行されている東先生を羨ましく思います。
僕も若い頃、「老後はキャンピングカーを購入してのんびりと旅行をしたい!」と夢をみていました。そして、大型バスも運転できるライセンスも習得しました。「大型バスをキャンピングカーに改造して旅行するんだ!」と夢を持っていました。
だから、それを実行してある東先生が羨ましくてなりません。
日本国内といわず、海外でもレンタルで可能ではないでしょうか?

投稿: ヴィトリア | 2013年3月 6日 (水) 07時16分

秋田のストーンサークルを見に行った時、駐車場に大型バスがありました。よく見るとキャンピングカーでした。今までにも大きなキャンピングカーを見たことがありましたが、大型バスのキャンピングカーは初めて見ました。後で調べてみたら大型の免許はいらないのだそうです。
 私のキャンピングカーでさえ離合を考えるとどこへでもは行けません。バックはできるだけしません。四国でもひどい目に会いました。四万十川の国道も1車線しかないひどい道でした。
 海洋堂ホビー館に行く時も20キロ近く狭い道を行きました。
 大型バスのキャンピングカーはどれ位するのか、オークションを見たら100万円程でした。

投稿: 東 誠 | 2013年4月16日 (火) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/48964230

この記事へのトラックバック一覧です: 無事、ヴィトリアに到着。:

« サンパウロ州に戻ってきた。 | トップページ | 複雑な気持ちで野球TV観戦 »