« アパレシーダ大聖堂 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 3目 »

アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 2日目




Atacama_2



アパレシーダを8時15分に出発、サンパウロの大都会を避けて、ソロカバに向かう途中のドライブインから南大河州のアルゼンチン国との国境、Porto Mauá、ウルグアイ川沿岸のマウア港の通関の情報を得るために当地から情報を流してくれているブラジル人に電話を入れた。かなり混んでいる状態なので、イグアスの滝からアルゼンチンに入国した方が時間的に節約できると云うことだ。

急遽、コース変更。アルゼンチンの意地悪な国境警察を前回経験しているので、内心は嫌なのだ。

今日は夕方の6時半にパラナ州ロンドリーナの隣町、Araponga アラポンガという小さな町のホテルに宿をとる。

ここにも日系団体の組織がある。ホテルの近くの会館を訪ねてみた。会館にはブラジル人の管理者がいて、いろいろ話してくれた。残念ながらブラジル全体的に起こっている日系団体の斜陽化、ここの日系団体も漏れなく斜陽化の状態で、日本語学校は閉鎖されている状態だ。この会館に通っているのは高齢者ばかりで、若い世代の参加者は少ないと聞いた。 

その反面、ヴィトリア日系協会は頑張っているなと思った。

明日はいよいよアルゼンチン入国だ。

Dsc09122a

大豆とサトウキビの畑、この地方の農業の偉大さに改めて知らされた。

Dsc09135a_3

約50年前に創立されたアラポンガ日本人会会館。

Dsc09131a_2

管理人のブラジル人と旧日本語学校の教室。

Dsc09128a_2

なんとなく寂しい気持ちだ!

Dsc09141a

日本人が経営するお店。

Dsc09140a_2

経営者は2歳半に両親と一緒にブラジル移住した87歳の日本人ご夫妻。今も元気にお店を手伝っている。息子さんや娘さん、そして。お孫さんもお店を手伝っていた。

|

« アパレシーダ大聖堂 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 3目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/54362458

この記事へのトラックバック一覧です: アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 2日目:

« アパレシーダ大聖堂 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 3目 »