« アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 10日目 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 12日目 »

アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 11日目

Atacama_11_5

11日、12日、13日、14日目のブログを更新で来ていません。
理由としてはこのボリビアのウユニ塩湖ツアーに参加して、インターネットが接続出来る環境が無いからです。
現在、ボリビア国のウユニ塩湖の近くの町、ウユニに着きました。今日はウユニ塩湖を朝、5時から観光しました。残念ながら、夕べからの雨で天国に続く星空は見えませんでしたが、雨のため、塩湖の表面が鏡の様になる光景がありました。でも、曇りで残念!

今晩もインターネットが出来る環境の宿でないのでブログの更新ができません。
明日の夕方からサン・ペドロ・デ・アタカマに着いてから写真付きで更新します。

昨年のパタゴニア車冒険旅行よりも物凄く過酷な旅行で。
今日よりダカールハリー車レースがアルゼンチンのロサーダから出発している筈です。
僕らが通てきたコースもかなりの部分が組まれているようです。

それは過酷なレースになることでしょう。トヨタと日野自動車も頑張って欲しいとおもいます。

では、又、私たち夫婦と木村さんとも元気です。

写真を貼り付けました。やっとノートブックが使用できるようになり、ここサン・ミゲール・トクマンというアルゼンチンの温泉地帯のホテルから遅れている写真を貼り付けています。

写真はダブルクリックで拡大します。

Dsc_0129a

2014年度の初日。Tocopilla トコピジャ、チリー太平洋沿岸の銅鉱山の町。2007年に大地震があった。

Dsc_0140abcd_3

Dsc09813a

トロコピ-ジャの町。

Dsc09817a

トコピジャの発電所。日本の技術が入っているという。こんな町にも日本人技師が建設、組み立てに協力したという。

Dsc09824a

水も持参しなく歩く青年。仕事探しにアントファガスタの町まで歩くという。少しの水を与えた。

Dsc09827a

これからいよいよCalama カラマに向かう。太平洋沿岸とお別れ。

Dsc09828a

砂漠の中の軽飛行機専用滑走路。

Dsc09832a_2

こんな砂漠の丘の中腹に集落があった。

Dsc09835a

道路は立派。

Dsc09840a

Calama カラマの町。銅鉱山で発展するカラマの都市。

Dsc09847a_2

砂漠に力強く生きる花。

Dsc09848a

こんな状態でいき続けている。



 

|

« アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 10日目 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 12日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新年おめでとうございます。それにしても、ものすごい冒険旅行ですね。私は大晦日に博多港を出発、釜山に向かい、船上から初日の出を見ることができました。まだまだ、ヴィトリアまで、日数がかかりますが、健康に留意され、無事な帰還を祈念します。エクアドル・グアヤキルでは新婚旅行の日本人夫妻が強盗に襲われ、死傷しています。くれぐれもお大事に。

投稿: 徳永 哲也 | 2014年1月 5日 (日) 03時28分

徳永哲也 さん

コメントありがとうございます。
返事が遅くなり申し訳ありません。

無事、ブラジルに入国しました。チリ、アルゼンチンの田舎の観光地ではどちらかと云うと比較的安全みたいです。今日、パラナの田舎の砂利道路、土道でパンクしたのですが、車は時折通るだけで非常に怖かったです。

今年もよろしくお願いします。

投稿: ヴィトリア高崎 | 2014年1月12日 (日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/54495184

この記事へのトラックバック一覧です: アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 11日目:

« アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 10日目 | トップページ | アタカマ砂漠&ウユニ塩湖の車冒険旅行 12日目 »