« ブラジル入国 | トップページ | 明日はヴィトリア! »

まさかのブラジル内でのパンク

久しぶりのブラジル国内のホテルの朝食。昨年のパタゴニア車冒険旅行でもそうであったが、アルゼンチンやチリ国内のホテルの朝食にはちょっと不満を持っていた。ホテル代は比較的高いわりには朝食はブラジルのそれと比べるとサービスは悪い。今回、ブラジルに戻ってきてホテルの朝食は満足感があって大変良い!。

南大河州、サンタカタリーナ州を通り過ぎてパラナ州に入ってきた。もっとも州都クリチーバを求めて走ってくれば簡単だが、海外移住生8期生の同期、鈴木照巳さんの農場に立ち寄るために近道の田舎道路を走ってきた。そこに、大きな誤算があった。

地図では舗装された道路を示しているのだが途中から何と泥道と砂利道が続いた。おまけに、前輪のタイヤがパンクした。砂利道だったので気付かず少し走って異常を感じた。まさかのブラジルでのパンク!場所は余り車の通りが無い場所だ!一応、女性である妻がいる!。頭の中はいろいろな悪い事が巡り回る。

そうすると、人相があまり良くない二人の男性が車を止めて近づいて来た。「ウあー!強盗か?どうしよう!どの様にして、妻を守るか?」と考えている内に「手伝いしようか?」と問いかけてきた。まだまだ、怪しい!どうせ強盗はこの手口を使って近づいてやって来るに違いない。心配しながら、「パンクしてしまったよ。少し手伝ってくれるかい?」と言ってしまった。彼らは要領の良くパンクのタイヤ交換をしてくれた。助かった!妻は「これでビールでも飲んで頂戴!」と50レアイス手渡した。彼らは「ノー、ノーそんなつもりで無いよ!、俺らはお金は要求していないが、あんた達がそう言うなら、頂くよ!ありがとうよ!」と言って「俺らも先まで行くから、一緒についていってやるよ!もし、また、何かがあったら大変だからな!」と言って20Km先のアスファルト道路まで同行してくれた。

ごめんよ!服装や容姿で判断した愚かさを感じていた。タイヤの修理は鈴木さんの長男が日曜日にもかかわらず手配して修理して貰った。

Dsc00561a

ホテルの朝食。果物もあった。

Dsc00563a

大いに満足!

Dsc00568a_2

田園の教会。

Dsc00569a

Dsc00571a

眠たくなって来たので気合を入れる。大声を出すので妻はびっくり。

Dsc00574a_2

街道筋のパラナ松。

Dsc00586a

途中ダムの上を通過。

Dsc00582a_2

Dsc00594a

最悪!パンク!

Dsc00597a

怪しげな二人組みに助けられた。

Dsc00598a
パンクした後もこんな泥道が続く。

Dsc00574a

|

« ブラジル入国 | トップページ | 明日はヴィトリア! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/54594925

この記事へのトラックバック一覧です: まさかのブラジル内でのパンク:

« ブラジル入国 | トップページ | 明日はヴィトリア! »