« ヴィトリア自転車散歩 その2 | トップページ | ヴィトリアの日曜日 »

ヴィトリア自転車散歩 その3 グアラパリ

福島原発問題以来、日本では有名に成っているグアラパリまでサイクリングした。このグアラパリはヴィトリアから約50km離れている海岸の観光地であり、放射線を発する黒砂がある。

ここの放射線の話題はこのブログの2012年7月に記載している。http://vitoria.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-ce47.html

グアラパリの海岸は今まで見た事がないくらい観光客で溢れていた。もっとも、カーニバル中の休暇で州外からの観光客でいっぱいだったのだろう。日本の福島原発問題で自分の家に戻れない人達には気の毒だなと観光客でいっぱいのグアラパリをみて複雑な気持ちだった。

Dsc01139a

朝、6時18分発の自転車専用バス(ヴィトリア-ビラ・ベーリャ間の第三大橋を渡るのみ)でビラ・ベーリャまで利用する。

Dsc01136a

バスの中はこの様に自転車を固定する。最高16台の自転車運搬できる。乗客は僕一人。

Dsc01165a

この写真は昨日撮ったものである。乗客 計6名。

Dsc01142a

ビラ・ベーリャの海岸。ひたすらグアラパリに向かう。

Dsc01176a

グアラパリの手前の小さな漁港。

Dsc01180a

やっとグアラパリに着いた。この人だかり。

Dsc01181a

砂浜に入れない人は歩道の木陰で順番待ちしている人もいた。

Dsc01201a

帰り道の途中にエコ州立公園 環境自然保護地に立ち寄る。

Dsc01200a

Dsc01197a

公園の入口から1,5Kmで海岸に着く。海の彼方に三島が見える。

Dsc01154a

更にこの様な道を2Km進む。

Dsc01199a

この様にサボテンが生えていた。

Dsc01159a

実は昨日、ヴィトリアから20Kmのところのジュクという小さな海岸の町に行った折に海岸のサボテンを踏んで前輪と後輪がパンクしてしまった。約100箇所以上のサボテンのトゲが刺さっていた。修理方法不可能で息子に車で迎えに来てもらった。

 

 

Dsc01183a

サボテンが繁殖しているところはもうコリゴリなので砂の上を押して進んだ。

Dsc01188a

海水浴を楽しむ人が数人いた。

Dsc01190a

岩の上の展望台。

Dsc01194a

 遠くにはSetiba セチーバの町が見える。

Dsc01196a

帰りも安全を考えて砂浜を通る。

Dsc01164a

ヴィトリアに着いて写真を撮る。

Dsc01174a

この写真は昨日の夜 撮ったものである。カンブリビーチ。

|

« ヴィトリア自転車散歩 その2 | トップページ | ヴィトリアの日曜日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/55245347

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィトリア自転車散歩 その3 グアラパリ:

« ヴィトリア自転車散歩 その2 | トップページ | ヴィトリアの日曜日 »