« 良輔7ヶ月ぶりの家族団らん | トップページ | リオ・オリンピック聖火リレー2016年 »

2016年度 コンベント・ダ・ペーニャ男達の巡礼

Fff1
(写真G1-globo提供)

2016年度のコンベント・ダ・ペーニャ修道院の男達の巡礼に行ってきた。

今年の参加者は常連の入江さんの他に彼の息子さん学君の男性軍と昨年も一緒だったJICA派遣日本語教師ボランテイア青年の渡邊先生と特別参加の写真家の上野由利さんの女性軍であった。スタート時点ではブラジル建築家の福永さちさんとその友人の数名も同時集合であったが、そのグループは別行動をする事になった。
このコンベント・ダ・ペーニャ修道院男達の巡礼の事はこのブログ「ヴィトリアの青空」の2013年4月7日 http://vitoria.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4c54.htmlに記載している。

この巡礼はコンベント・ダ・ペーニャ修道院のお祭りの一環として男性巡礼路(14Km)と女性巡礼(5Km?)と別々に行なわれるのだが、男達の巡礼に女性達の侵入が多く賑やかだ。今年の巡礼参加数は主催側の発表では約50万人以上で、その半数に近い割合で女性達も参加していたと思う。なかには、写真にもあるように家族ぐるみで1歳未満の幼児も参加していた。「こんなに小さくても何か罪を犯してしまったのだろうか。」とボランテイア青年は冗談を言っていた。「そうだよね!僕らの巡礼目的はこの一年間、健康と幸せに過ごせた事に対するお礼と今年の祈願巡礼だよね!」と僕は苦笑いしながら心の内ではそう思う様に努めた。

ヴィトリアのカテドラル教会をスタートして、約3時間後に高台のコンベント・ダ・ペーニャ修道院に着き、汗にまみれたシャツのままヴィトリアの素晴らしい夜景が見える岩盤の上に大の字に寝そべながら、星空と夜景を楽しみ、しばらくの間「明日からの夢」の瞑想にふけていた。

上野由利さんは京都で写真の仕事をしており、昨年に続きヴィトリア再訪問である。今年の7月に神戸移住センターで写真展示会の予定しているそうだ。この神戸移住センターは48年前に僕がブラジル移住船に乗るまでの10日間宿泊した場所である。この神戸移住センターの事はこのブログ2013年3月の「日本はきれい」に説明している。
http://vitoria.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-2b55.html

Dsc_9497a

州庁の前に集合。

Dsc05348a

ライトアップされた州庁。

Dsc05349a


Dsc05354a


Dsc05356a

熱心に写真を撮る上野さんと渡邊先生。学君はボデーガードマン?

Dsc05359a

幼児も巡礼!しかし、寝ていますね。

Dsc05360a

路上でバナナとお菓子と恵んでもらったお二人の笑顔。

Dsc05362a

Dsc05367a

巡礼路脇の観衆の人々。

Dsc05372a

ローソクを立ててお礼のお祈りする渡邊先生。口元が緩んでいますね。

Dsc05374a

芸術写真に熱中する上野さん。

Dsc05377a

無事にゴール!

Dsc05376a

ライトアップされているコンベント・ダ・ペーニャ修道院。

Dsc05378a

ヴィトリアの夜景。

Dsc05380a

夜景。

Dsc05387a

ミサが行われている大広場。

|

« 良輔7ヶ月ぶりの家族団らん | トップページ | リオ・オリンピック聖火リレー2016年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/64805040

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年度 コンベント・ダ・ペーニャ男達の巡礼:

« 良輔7ヶ月ぶりの家族団らん | トップページ | リオ・オリンピック聖火リレー2016年 »