« リオ・オリンピック聖火リレー2016年 | トップページ

ヴィトリアの桜 2016年度

Img20160718wa0008_a
この写真は1週間前の満開。友達提供写真。


今年の花見は7月24日(日曜日)20分遅れて午前7時20分にAguia Brancaのバスで恋人の公園を出発。今年はバス1台、小型バスと個人自家用車の総勢110名以上の参加者であった。

Pedra Azul の麓に植樹した「桜の森&イッペーの森」別名「熊沢薫の森」の由来はここに説明されている。http://vitoria.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-726d.html

ここで「桜の森&イッペーの森」植樹に付いて熊沢君と一緒に貢献された沖眞一農業技師の事をここに記しなければならない。彼はサンパウロ在住で熊沢君とは旧知の知人でもあり、ブラジルでは桜の博士とも呼ばれていた。「桜の森&イッペーの森」は沖縄種、ヒマラヤ種、そして雪割り種の3種類の桜が2008年のブラジル日本移民100周年の記念事業として植樹された。沖眞一農業技師はその企画から植樹そして毎年1度のメンテナスの協力を惜しまず続けてもらていた。

桜は1本も枯れること無く順調に育ち、この数年素晴らしい花を咲かせ、Pedra Azulのトカゲ石をバックにピンク色の満開の桜の花は素晴らしい光景を観光客に披露している。しかし、その沖眞一農業技師も熊沢君と同じく健康の落とし穴にはまってしまい癌で今年の5月22日に他界された。サンパウロ新聞の記事に載せられている。http://saopauloshimbun.com/archives/54241

今年は満開を約1週間過ぎていて残念ながら散っていた。しかし、桜の花が未だ残っている木もあり、当地ではこのペドラ・アズール地方しか桜の花を楽しむことが出来ないので皆さん桜の花を楽しんでいた。

Dsc05586a


Dsc05587a


Dsc05590a


Dsc05591a


Dsc05596a


Dsc05602a


Dsc05607a


Dsc05609a


Dsc05612a


Dsc05614a
この写真は遠く角度を変えたところから撮ったもの。中央にポツンと尖がっている岩がPedra Azul の岩です。


|

« リオ・オリンピック聖火リレー2016年 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052879/66786789

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィトリアの桜 2016年度:

« リオ・オリンピック聖火リレー2016年 | トップページ